2018/8/6

板倉マイスター【2018】1回目 10/13(土)-14(日)「刻み講座」申込受付中

 

 

 板倉構法を身につけて自分で板倉の小屋を建ててみたい方のための板倉マイスタ ー講座。 第一人者の安藤邦廣筑波大学名誉教授に学ぶ全3回、6日間の特別講座です。

 第一回目の講座は、伝統的な継手仕口の木組みについての座学と、建設する小屋の材の「刻み」体験です。
 
 大工加工(刻み)は、ボルトや金具ではなく、凹凸で木を組み上げる技術。地震国日本で先人達が熟成させてきた伝統の技と知恵です。職人技なので、一般の方が学べる場は非常に限られています。とても貴重な機会、是非体験してみてください。仙台の工務店、サスティナライフ森の家の大工さんにご指導頂きます。

■日時・場所
2018年10月13,14日(土日)※2日で1回の連続講座(1日だけのご参加も可能です)
13日 10:00(受付9:30~)~17:30
14日 10:00(受付9:30~)~17:00
開催場所:NPO法人しんりん本部研修所(エコラの家)
※電車の方は川渡温泉駅まで迎えに参ります。帰りはご相談下さい。

■内容
13日——————————
(午前)
板倉小屋見学
板倉構法座学≪継手・仕口について≫
(午後)
刻み体験
セミナー≪板倉構法について≫
懇親会(自由参加)
14日——————————
(午前)
刻み体験
ランチ会(自由参加)
(午後)
刻み体験

■参加費
1回=24,000円/1日=12,000円 (税別)
※学割=半額
※セミナーのみのご参加も可能です。お問い合わせ下さい。
懇親会(3500円予定)
ランチ会(2000円予定)

■持ち物
筆記用具(HB以上の鉛筆)、作業しやすい服装(長袖着用)、作業用手袋(滑り止め付きの薄手のものがお勧めです)、作業靴、雨天時の雨具、昼食・飲み物など。大工道具をお持ちの場合はご持参下さい。

■研修所ご利用について
受講生はしんりん本部研修所(エコラの家)をご利用頂けます。お問い合わせ下さい。

【東京から鳴子へのアクセス】
新幹線≪東京≫→≪古川≫→JR陸羽東線≪川渡温泉駅≫
夜行バス≪東京≫→≪仙台≫→JR東北本線≪小牛田≫→JR陸羽東線≪川渡温泉駅≫

主催 湯守の森プロジェクト 代表大沼伸治
お問い合わせ・申込:湯守の森プロジェクト事務局
担当/NPO法人しんりん  松山:直通 090-2996-8776
TEL:0229-25-4668
FAX:0228-55-2001
E-mail:info●shinrin.org (●を@に変換お願いします)

●お申込みは下のURLから(googleフォームへ移動します)

https://goo.gl/forms/lPFf6Cq2fkYRuW5b2


■講師紹介
安藤 邦廣(あんどう くにひろ)筑波大学名誉教授 工学博士/建築家
里山建築研究所主宰、(社)日本板倉建築協会代表理事、NPO木の建築フォラム代表理事、歴史的建築物活用ネットワーク共同代表
1948年宮城県生まれ。里山の保全と民家の活用および国産材を活用した板倉の家づくりに取り組んでいる。板倉構法による東日本大震災の応急仮設住宅と復興住宅の建設にも協力支援を続けている。
著書:
「小屋と倉」2010.建築資料研究社
「民家造」2009.学芸出版社
「住まいを四寸角で考える」2005.学芸出版社
「職人が語る 木の技」2002.建築資料研究社
「住まいの伝統技術」1995.建築資料研究社
「現代木造住宅論」1995.INAX出版
「茅葺きの民俗学」1983.はる書房など
※里山建築研究所 http://satoyama-archi.co.jp/
※日本板倉建築協会 http://www.itakurakyokai.or.jp/itakura#toc0(板倉の家、板倉構法について)

コメントはまだありません

コメント記入欄